HOME採用情報 > 人材育成方針
採用情報
人材育成方針

大塚刷毛製造の人材育成について、またキャリアの考え方についてご紹介します。

人材育成における2つのフォーカス点
新入社員研修

大塚刷毛製造の「人材育成」には“2つの領域”があり、それらを良循環していくことで人は成長していくと考えています。2つとは、「目標管理に基づくOJT」「フォローアップ研修」です。上の図は、その関連を「人材育成の基本フレーム」としてまとめ、図式で表したものです。
まず「目標管理に基づくOJT」のポイントは、資格要件・個人特性に応じた適切な役割・目標設定と動機付けであり、ここが基点となります。次に「適切な機会をとらえた研修」によって、マインドや職務に関する知識・スキルを向上していきます。
このように2領域のサイクルを回しながら、社員に対する意識付け、モチベーション向上やスキルアップ、能力伸長の機会を適切に与えてキャリア開発を促進するとともに、職場における適切な役割分担や指導などのマネジメントを通じて、計画的に育成を図っていきます。なお、キャリアの節目には異動を行い、モチベーションの維持を図ります。

2年次-5年次育成期間

2年目以降も実務においての能力を身につける目的の実務研修を行います。

  • 自社工場研修

  • 営業職研修(3、4、5年目)

  • 業務・事務職研修

その他、配属先での商品勉強会など開かれています。

6年次-11年次管理職に向けて(総合職)

さらなる成長のために適切な機会をとらえた研修を行います。

  • 中堅社員研修(6年目)

  • 海外研修(11年目)

  • 営業職研修(年1回)

キャリアの節目には異動を行い、モチベーションを高めていきます。